スポーツサイクル乗車前の点検

スポーツサイクルご利用にあたって

自転車は定期的な「点検」が必要不可欠な乗り物です。安全・快適にお乗りいただくため、定期的に点検を受けましょう。
※購入から2ヶ月目、6ヶ月目、その後は1年ごとを目安に最寄りのGARNEAU正規販売店にお持ちください。

スポーツ自転車の乗車前点検項目

スポーツ自転車の乗車前は各部の確認を行いましょう。

チェック項目

ハンドルの周辺に緩みやガタつきはありませんか?

ハンドルの点検

ハンドルを固定する部品に緩みやガタつきがあるとハンドル操作に支障をきたし、重大な事故に繋がる恐れがあります。 乗車する前には前輪を両足で挟んでハンドルを左右に動かしたり、ブレーキを握ったまま車体を前後に動かしたりして、 固定に問題がないことを確認してください。

サドルの高さは限界標識以下ですか?

サドル注意

サドルはシートポストの限界標識が隠れる高さで固定してください。限界標識が見える高さで固定したまま使用すると、部品や車体が破損する恐れがあります。

サドルに緩みやガタつきはありませんか?

サドルに緩みやガタつき

サドルはシートポストの限界標識が隠れる高さで固定してください。限界標識が見える高さで固定したまま使用すると、部品や車体が破損する恐れがあります。

空気圧は適正ですか?

空気圧は適正ですか

スポーツサイクルの本来の性能を発揮するためには空気圧の管理が大切です。乗る前に空気圧の確認をし、減っていれば補充しましょう。空気不足はパンクや、タイヤ・チューブの劣化を早める原因になります。1ヶ月に1度(ロードバイク等の細いタイヤは2週間に1度)は空気の補充をしてください。

乗車時のクイックレバーの確認は必ず行いましょう

スポーツサイクルの多くは、車輪を簡易式脱着レバー(クイックレバー)で固定しています。車輪を地面から浮かして、上から叩き、確実に固定されていることを確認してください。 ※クイックレバーが締まっていない場合、走行中に車輪が外れたり、車輪がロックしたりして、重大な事故に繋がる恐れがあります。

クイックレバーの点検

前後変速の組み合わせについて

前後の変速位置の組み合わせによっては、チェーンに負担がかかり、異音が発生します。 下図のように、チェーンが斜めになる状態(たすき掛け)は避けてください。

前後変速の組み合わせについて
※変速機はペダルを漕ぎながら操作してください。
※ペダルを強く踏み込んでいると変速しづらいことがあります。

転倒などにより変速機や変速機の取付け台座がゆがむと、変速機を後輪に巻き込み、大きな事故に繋がる恐れがあります。変速が変わりにくくなったと感じられたら、速やかに最寄りのGARNEAU正規販売店まで点検にお持ちください。

急ブレーキに注意

急ブレーキに注意

スポーツサイクルには制動力の高いブレーキが使われており、一般の自転車と同じ感覚でブレーキをかけると、車輪がロックして転倒する恐れがあります。急ブレーキ時や、下り坂でのブレーキ操作は特に注意してください。また、ブレーキ操作は後ブレーキを前ブレーキよりわずかに先に軽くかけたあと、前後共にかけてください。

駐輪時の注意点

駐輪時の注意点

壁などに立て掛けて駐輪する場合は、万が一転倒した時の変速機の破損を防ぐため、変速機側を壁に向けて駐輪していただくと安心です。スタンドが付いている場合も、自転車が倒れにくい場所に駐輪してください。

こんな時は点検が必要

こんな時は点検が必要

部品、自転車の破損は、重大な事故に繋がる危険があります。乗車を控え、速やかに最寄りのGARNEAU正規販売店まで点検にお持ちください。

安全運転のルール

自転車は軽車両です。交通ルールを守り、安全運転でスポーツサイクルをお楽しみください。

安全運転のルール